建設業がホームページを持つ必要性とは?メリット・うまく利用するコツを解説

  • WEB

「建築業ってホームページは必要なの?」

「周りはホームページを作っているんだけれどうちはまだ……」

そんな悩みを抱えている方はいませんか?

実は現在建築業におけるホームページの開設率は9割以上と、かなり一般的に普及しています。

この記事ではホームページを作りたいけれど、実際どんなメリットがあるのかよくわからないという建築業の方に向けて、ホームページを持つ必要性について解説していきます。

これを読めば、今までとは違った別の層に訴求できる知識が蓄えられます!

ホームページとは

建設業におけるホームページの役割とはなんでしょう。建設業は見込み顧客に対して自社の強みをアピールできる機会が限られていますが、ホームページを持つことによりこれまで伝えられなかった顧客に自社を認知してもらえるようになります。

顧客は基本的にホームページから各建設会社の概要やサービスを知ります。その内容が満足するものであれば建設会社に連絡を取り、商談から見積もり、そして受注という流れが一般的。

建設会社がホームページを持っていなければ見込み顧客に認知してもらえる機会がグッと減るわけです。反対にホームページを持っていれば、認知から自社のサービス概要までアピールができるため、受注につながる可能性が高まると言えるでしょう。

建築業がホームページを持つ必要性

今や大企業から個人事業主まで、あらゆる事業においてホームページは活用されています。ではホームページの必要性とはなんでしょうか。

確かに過去を遡ればチラシの配布や電話営業、接待、紹介など完全にアナログな方法でも仕事は取れていました。現在でもこの手法が通用する場面も存在します。

ただ、IT技術の発展が著しい現代においてはインターネットが広く活用されており、スマートフォンやパソコンから簡単に情報を手に入れられる時代に。これと同時に消費者も手軽さを求める傾向にあり、建築業界においてもホームページを持つことはかなり重要なのです。

ここからは建設業がホームページを持つ必要性について解説していきます。

  • 会社の社会的信用をアップできる
  • 受注ルートが増える
  • 自社の強みを自由に訴求できる
  • 新規顧客の獲得

これら4つに分けて詳しくお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてください。

会社の社会的信用をアップできる

最初に挙げられるのは信用度の向上です。

ホームページには会社概要や顧客の声などを掲載できるため、会社への信用を得るのに効果的と言えます。社長や職場環境など、イメージが湧きやすい画像があるとより信用してもらいやすくなるでしょう。

また、現在の建築業におけるホームページの開設率は9割を超えているとされており、ごく一般的と言えます。そのためホームページがないと、たとえ施工内容やサービスが競合より優れていたとしても、顧客から選ばれる可能性が少なくなる傾向にあります。

受注ルートが増える

顧客からの確度の高い受注ルートがひとつ増えるというのもメリット。

ホームページを持っていると、電話やフォームなどからお問い合わせや見積り依頼が入るため、こちらから営業する必要がなくなります。さらに24時間365日いつでも受付可能であるため、人為的に起こる機会損失を減らすことも可能に。

また、ホームページからお問い合わせてきた顧客はかなり興味を持ってくれている証拠。こちらから無理に営業しなくても、すでに確度が高い状態なのです。

自社の強みを自由に訴求できる

ホームページの中であれば、自由に自社の強みをアピールできたり情報を発信したりできます。

以前は取引先に自社の概要やサービスを知らせる場合、パンフレットを編集、デザインを発注、印刷して発送……とかなりの労力と時間を使っていました。しかしホームページがあれば、あとはリンクを送るのみ。一度作成してしまえば、それからはノーコストで宣伝できます。

またTwitterやInstagramなどのSNSとの相性もよく、ターゲットを絞って広告が打てるのもインターネットをうまく活用した例です。

新規顧客の獲得

現在は建築業においても、オンラインでの集客が主流となっています。SNSや検索エンジンを使って自社のホームページへ誘導できれば、新規顧客が大幅に増えることも。

顧客が建設会社に問い合わせる際は以下の流れ。

  1. 工事・施工を検討
  2. 複数の建築会社をインターネットで調べる
  3. いくつかの会社のホームページを閲覧
  4. お問い合わせ

インターネットで建築会社を探している顧客は、なにかしら悩みを抱えている場合がほとんどであるため、解決・解消ができそうな会社には問い合わせする可能性が高いです。さらに契約に直結することも多いため、ホームページを持つことで営業コストの削減も見込めます。

まとめ

今回は建築業がホームページを持つことの必要性について解説してきました。

いくつかの項目に分けて詳しくお伝えしてきたため、メリットの多さは理解していただけたのではないでしょうか。

最後に復習も兼ねて本記事の内容をまとめていきます。

  • ホームページを持つことによって営業にかかっていた時間や労力を削減できる
  • 建設業がホームページを持つ必要性は会社の社会的信用をアップできる、受注ルートが増える、自社の強みを自由に訴求できる、新規顧客の獲得ができること。

ホームページを作成して安定した売上アップにつなげましょう!

「LiberoG」では、建築会社を専門にホームページ作成をしています。ホームページにご興味がある方は、ぜひお問い合わせください。

補助金が下りて安くホームページ制作ができることもあるので、そちらの点でもぜひご相談ください!

補助金についてさらに詳しく知りたい方はこちら

お問い合わせ

関連記事

TOP
このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。